膝の痛み

変形性膝関節症をわずらって、しまった。整体師なら改善できるだろうか?

膝が悪いと聞いて、誰もが真っ先に思い浮かべるのが、変形性膝関節症ではないだろうかと思います。
変形性膝関節症はその名のごとく、膝関節が変形し、その結果、炎症を起こす事で痛みを生じるものです。
その原因は、膝の関節のクッションとなっている軟骨がすり減る事と筋力の低下だと言われていますから、まあ早い話、足の老化現象の一種みたいなものですね。

 

よほどしっかりした予防をしていない限り、みんな年を取れば、多少なりとも発症するようです。
だから、グルコサミンやコンドロイチンなどといったサプリメントが人気を博しているんでしょうね。
ただ、その症状や進行具合は人それぞれで、また各自の持つ感度によって、辛さも大きく異なるようです。

 

中には、レントゲンを撮ると、驚くほど膝関節が変形しているのにも関わらず、本人はそれほど痛がる事もなく、普通に歩いているというケースも結構あると言います。
かと思えば、その正反対で、実際検査をしてみると、それほど損傷が激しくなくても、やたらめったら痛がる人もいるようです。

 

どちらかと言うと、私は後者の方で、膝の痛みに耐えきれず、30年以上努めた運送会社を先月やむを得ず辞めました。
しかし、一日も早く改善し、また似たような仕事がしたいと思い、地元の整形外科を訪ねたのですが、まだそれほど重傷ではないと言われてしまいました。

 

自分では納得出来ない結果だったので、他の病院にも行きましたが、やはり診断は同じで、今の段階では、薬物療法位しか出来ないという答えだったのです。
確かに、初期段階の変形性膝関節症は、薬を服用しながら、冷やさないように気を付けるのが一般的だと言います。

 

 

けれど、私の場合は絶対もう中期か、下手をすれば末期に行っているかも知れません。
なので、出来る事なら手術をし、この痛みを取って、また社会復帰したいのです。

 

年齢的にはまだ十分手術は出来る年だし、手術するのなら少しでも若い方がいいでしょう。
ただ、医者の言う通り、メスを入れるのが最終手段なら、何かもっと他に現実的な治療法はないものなのでしょうか。

 

 

そう思って、インターネットでいろいろ調べていたら、変形性膝関節症の改善には、整体がいいという話を目にしました。
私は未だに整体や鍼灸には行った事がなく、たまに温泉旅行の際にマッサージを頼む位です。

 

なので、そちら方面は全くよく分からないのですが、整体がいいというのは本当なのでしょうか。
整体で、私のこの酷い膝の痛みが緩和されるのであれば、是非行ってみたいと思うのですが・・・。